個人事業主のための賢い節税対策をご紹介!

知識をつけて賢く節税!!個人事業主の税金対策!

個人事業主の税金の仕組み個人事業主の税金の仕組み

個人事業主は車両代を経費に出来る個人事業主は車両代を経費に出来る

知識をつけて賢く節税!!個人事業主の税金対策!

「せっかく頑張ったのに、こんなに税金とられちゃうの?」、「確定申告とか税金とか、ややこしすぎて苦手!」、「個人事業主の経費って結局なにが認められるのかよくわからない」など、個人事業主の税金にまつわる悩みは尽きません。税理士などプロに頼むこともできますが、今はまだ自分で処理したいという人もたくさんいます。個人事業主として一生懸命稼いだお金。払わなくていい余分な税金は払いたくないですよね。経費の計上や控除の活用で、もっと節税できるかもしれません。税金の知識をしっかり身につけて、賢く節税しましょう!どうしても苦手・・・という人や、税理士に頼みたいけど、探し方がわからない、などという悩みを持っているなら、サポート体制の充実したエージェントに相談してみませんか?IT系のフリーランスエンジニアの方なら、レバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)のようなエージェントがオススメです。税理士紹介サポートの他、仕事探しから全面的にバックアップしてもらえます。

個人事業主の税金をおさらい

個人事業主の税金をおさらい

個人事業主が支払わなければならない税金は、所得税だけではありません。個人事業主が納税する税金は、所得税の他に、個人事業税、個人住民税、消費税など、いくつかの種類があります。支払う先も国、都道府県、市町村と3箇所にわかれます。所得税や事業税、住民税の算出根拠となるのが、毎年の確定申告書類です。申告の仕方ひとつで納税金額は大きく変わります。
法人化していない個人事業主であっても、経営者であることには変わりありません。個人事業主の基本知識として、税金の知識はしっかり身につけておきたいところ。まずは個人事業主の税金の仕組みと種類から確認しておきましょう。 個人事業主の税金をおさらいの詳細を見る

個人事業主は経費を増やし節税できる

個人事業主は経費を増やし節税できる

個人事業主の頭を悩ませる、経費のお話。確定申告のたびに、経費に計上してもいいものかどうなのか迷ったりしますよね。事業に使う費用は経費にして良いといわれても、どこからどこまでが事業に使ったと認められるものなのか、よくわからないという人も多いのではないでしょうか? 経費として認められるもの、認められないものについての知識は節税対策への第一歩です。計上できる経費を計上しないで余分な税金を支払うのはもったいないですよね。かといって、何でもかんでも計上すれば良いというものでもありません。個人事業主の経費について、チェックしておきましょう。 個人事業主は経費を増やし節税できるの詳細を見る

個人事業主は控除を増やし節税できる

個人事業主は控除を増やし節税できる

個人事業主の節税対策に必要な知識、経費の次は控除です。控除には、医療費控除、保険料控除、配偶者控除、扶養者控除など、色々な種類があります。青色申告の場合は特別控除として65万円分が認められています。生命保険料や年金、小規模企業共済なども控除の対象となります。さらに仕事を手伝ってもらえる家族がいれば、家族に払った給与も控除対象となるのを知っていますか?控除対象となるものがあっても知識がないと申告できずにむだな税金を支払うことになってしまいます。個人事業主の節税には、控除を賢く活用しましょう。 個人事業主は控除を増やし節税できるの詳細を見る

個人事業主から法人化して節税する

個人事業主から法人化して節税する

個人事業主として稼ぎすぎて困っているなら、思い切って法人にして会社を大きくしていくのもアリかもしれません!法人化することで必ずしも節税になるとは限りません。会計処理も個人事業主よりもぐんと複雑になりますし、手続きにかかる費用や手間も考える必要があります。ですが、ある程度の金額を稼げるようであれば、法人化することでビジネスの幅が広がるなど、税金対策以外にもメリットは出てきます。1,000万円の収入が見えてきたら検討する価値はあるでしょう。 個人事業主から法人化して節税するの詳細を見る

人気記事まとめ

個人事業主で経費に出来ないもの

個人事業主で経費に出来ないもの 個人事業主の節税対策を考えるなら、何はともあれ「経費」を一通り見直してみましょう!「事業に必要な支出」が経費として認められるわけですが、個人事業主にとって事業に必要な支出とはどのようなものが該当するのでしょうか?逆に、「経費に出来ないもの」として何か決められている項目はあるのでしょうか?ざっと目を通してみましょう。もしかしたら、今まで計上していなかったけど、実は計上できるような経費が見つかるかもしれません。 個人事業主で経費に出来ないものの詳細を見る

個人事業主は小規模企業共済でお得に控除

個人事業主は小規模企業共済でお得に控除 個人事業主の退職金といわれる、小規模企業共済を知っていますか?個人事業者が事業を廃止したときのために積み立てておける共済制度です。掛け金は毎月1,000円という小さな額から設定できて、500円単位で増額できます。この小規模企業共済の掛け金も、控除の対象になるのです。共済金として積み立てたお金は後で自分に戻ってきます。税金として支払うよりも断然お得ですよね。個人事業主の賢い節税対策として、使える控除は使いましょう。 個人事業主は小規模企業共済でお得に控除の詳細を見る

個人事業主と法人の税金の違い

個人事業主と法人の税金の違い 個人事業主から法人化を検討するにあたって、税金はどう変わるのか?というのも大変気になるポイントですね。法人になれば当然、税金のルールも仕組みも変わってきます。法人化することによって納税額が増えるケースもありますし、どちらがお得かは一概には言えません。まずは、個人事業主の税金と法人の税金、それぞれの違いについて理解を深めておきましょう。法人化することで得られるメリットとデメリット、そして税金の差などをよく比較検討することをオススメします。 個人事業主と法人の税金の違いの詳細を見る

∧ ページTOPへ